久留米 ダイビングパラダイス TEL0942-36-6430

  

一般編

  1. Cカードって何ですか?
  2. Cカードはなぜ必要なのですか?
  3. サメが怖いのですが、大丈夫ですか?
  4. 1人で申し込むのが心細いなぁ・・・
  5. コンタクトレンズでもダイビングできますか?
  6. 女性インストラクターが在籍しています
  7. PADIとは??
  8. 仕事が忙しくてなかなかまとまった休みが取れないんだけど・・・
  9. ライセンス取得後は??
  10. ダイビング器材って何が必要??

Question: Cカードって何ですか?

Answer:

Cカードの正式名称はCertification Card。
つまり認定証のことです。
このCカードは「所有者は特定の期間、ダイビングに必要な知識と技術を取得した」ことを証明するものです。
また、このカードには「PADIオープン・ウォーター・ダイバー」などのランクや「PADIスペシャルティ・ダイバー」など色々な種類があります。

Question: Cカードはなぜ必要なのですか?

Answer:

ダイビングを行なう際には、ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することが前提になります。
海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望をお受けできない場合もあります。
あなたのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスのためにも必要なのです。

Question: サメが怖いのですが、大丈夫ですか?

Answer:

一般にダイビングで見るサメはリーフシャークと呼ばれる小型のおとなしい種類で、ファンも多いほどです。
サメに限らず危険な生き物についての情報は、その海を熟知したインストラクターによく聞いて安全なダイビングを心がけることが大切です。

Question: 1人で申し込むのが心細いなぁ・・・

Answer:

大丈夫ですよ!当コースはひとりで申し込まれる方とても多いんです。
すぐにダイビングを通じてお友達がたくさんできます。
海が好き同市樹のあった仲間たちがあつまっているので打ち解けるのも早いです。
学生時代の友達や職場の仲間とはまたちがうおつきあいが生まれます。
年齢や職業に関係なく、しぜんに友達ができて楽しいです。

Question: コンタクトレンズでもダイビングできますか?

Answer:

使い捨てのコンタクトレンズでもダイビングはできますよ。
ただ、練習中に流れてしまったり、まれにに角膜に張り付いて外れなくなったりする場合があります。
※ドライアイの方はコンタクトレンズでダイビングは特に注意が必要です。

度付きレンズのマスクもご用意していますが、度数・数に限りがあります。

メガネとおなじように、自分の視力にあったマスクを備えるほうが安全で安心です。

ダイビングパラダイスでは、ダイビングに詳しい提携の眼科医をご紹介しております。

お気軽にご相談くださいね。

Question: 女性インストラクターが在籍しています

Answer:

いざダイビングを始めようと思っても、女性がお一人で男性ばかりのショップへ足を運ぶのは、少し勇気がいるし女性ならではの質問もしづらい。とちょっと抵抗がある方もいらっしゃいます。

ダイビングパラダイスでは、女性インストラクターが在籍しているショップですので、
初対面で男性インストラクターが担当だとちょっと苦手だなと思う方に喜ばれております。

女性の方で女性インストラクター対応ご希望の方は予めご予約いただければ、対応いたします。

女性スタッフは経験豊富なインストラクターですので、海でも頼もしい存在ですよ。

Question: PADIとは??

Answer:

PADI(パディ)は、日本を含め世界に7カ所のエリアオフィスを持ち、なんと世界180カ国以上13万5千人以上のプロと約5,800以上のダイビングセンター&リゾートからなる世界最大のスキューバ(スクーバ)ダイビング教育機関です。(世界シェアはなんと約70%以上!世界規模なのです!)
PADIのライセンスは、潜水医学、心理学、生理学など専門家との協力により開発されたインストラクションを国内でも海外でも統一したカリキュラムで講習が行われCカードが提供されています。
PADIのライセンス資格は世界基準なのです。

Question: 仕事が忙しくてなかなかまとまった休みが取れないんだけど・・・

Answer:

そんな方でも大丈夫!!

ダイビングパラダイスの講習スケジュールは、みなさんのスケジュールに合わせて、
講習を進めていきます(^◇^)

いわば予約制です。

学科は、お休みの日やお仕事帰りにでも受講可能!
海洋実習もお休みの日を選んで受講することができます!!

なので、3日間のまとまった休みがとれなくても、全然OK!

気軽に講習をうけることができます。

Question: ライセンス取得後は??

Answer:

スキューバダイビングはCカードを取得することが目的ではありません。
その後に水中をどんな楽しみ方をしていくかが重要です。

ダイビングパラダイスでは、Cカードを取得する時に
「どこに行きたいのか」
「どんなものを見てみたいのか」
「どんな体験をしてみたいのか」をお客様一人一人のどんなダイビングをしたいのか一緒に考えます。

沖縄の壮大なサンゴ畑の上を遊泳してみますか?
石垣島にマンタに会いに行きますか?
それともイルカと一緒に泳ぎますか?

Cカードを取得した後は、国内ダイビングにとどまらず
グアムやサイパン、パラオやボラカイなどの海外ビーチリゾートを満喫することもできます。

そして、中級者向け・上級者向けと言われる海を潜る為に、
継続してスキルアップをするための様々なコースをダイビングパラダイスはご準備しております!!

Cカードを取得したら、一緒に「自分の目標」を見つけて、世界中の素敵な海に夢と冒険をしに行きましょう!!

Question: ダイビング器材って何が必要??

Answer:

人間は水の中で生活することはできません。
スキューバダイビングは、特殊な器材を使って海の中を楽しむ遊びであり、行動のほとんどを器材に依存します。

「景色を見る」ためのマスク、
「水中を泳ぐ」ためのフィン、
「水中で呼吸」をするレギュレーターや
「空気の残量を確認する」ための残圧計など、
それぞれの器材の目的や機能をよく理解し、自分に合ったものを選択して「使い慣れる」ことがとても大事です。

ダイビングパラダイスでは、自分に合った器材を使用していただくことで、
安心して・安全に・快適なダイビングを楽しんでいただいております。

ダイビングの雑誌や情報サイトを見ても、「マイギアを持ったほうがダイビングの上達がグンと早くなる!」と書かれているように、
自分の道具でスタートしたほうがスキルの上達も早く、安全意識も高まり、そして何よりも「続けるきっかけ」になります。

費用や種類に関しては、雑誌やカタログの商品説明だけでは不十分!

スクールやメーカーの資格を持ったインストラクターに相談しながら自分に合った一番ベストな器材を揃えていきましょう!

もちろん、最初から全て購入するのは大変という人もいますので、器材をレンタルすることも可能です。

取り扱いメーカーはこちら

PADI JAPAN FAQコーナー

PADIロゴ

 

ページの上部へ